なぜマイナス評価?

海外ではよりよいキャリアや自分に合った仕事をする為に転職することは結構肯定的に受け止められます。
日本でも最近転職をする人が多くなったとはいえ、まだ転職を繰り返している人に対する偏見のようなものが、残念ながらあるように思います。
よく見かけるのが、求人広告にある「転職は2回まで。
」などの文言です。
転職といっても、リストラや会社の業績不振などから、やむにやまれず転職する人だっているし、たとえ自分が望んでした転職であったとしても、自分に合う仕事になかなか出合えなくて、転職を繰り返している人もいるかもしれませんよね。
そんな事情も考慮せず、「転職は2回まで。
」などの言葉で応募しようとしている人を門前払いしてしまうのはどうかと思います。
もしかしたら、せっかくの逸材をその企業は逃しているかもしれませんよ!何を隠そう私も転職2回以上の人間ですから、もっと日本の労働市場が流動化して転職=マイナスの評価が1日も早く変わることを願っている一人なんです。

理由を明確にしておく

逃げるための転職だけはいけません。
仕事から逃げることがクセになっている方は、何度も転職を繰り返すのです。
あまりに転職を繰り返すと、経歴にキズがついてしまうんどえす。
2~3回ならば問題ありませんが、20回も30回も転職をしている方もおり、このような方はほとんどの企業が敬遠するものです。
転職をする前に、転職せずに問題を解決できないか考えてみる必要もあります。
会社とよく話合ってみることも大切でしょう。
人間関係がうまくいかないならば、部署を変えてもらうように持ちかけてみるのも手です。
勤務状況を改善させるための転職ならばOKですが、ほとんどの場合において転職すると、しばらくの間は収入も下がってしまいます。
不必要な転職ならば、やはり避けたほうがいいのです。
転職において疑問があるならば、転職サイトのキャリアコンサルタントに相談してみるのも手です。
アドバイスは無料で受けることができます。
転職を成功させるコツも教えてくれます。